血管年齢が若返る方法~「若返る油と老ける油」を知っていますか?

見た目の若さも大事ですが、これから先も健康な体を維持し、若々しく過ごすためにも大事な「血管年齢が若返る方法」について調べてみました。

若返りアンチエイジングには、良質な油を摂取することも大事になってきます。

そこで、血管年齢が若返る油と老ける油を知って、アンチエイジングの参考になればと思います。

血管年齢が若返る方法とは?

血管年齢を若返らせる方法には3つがあげられます。

①適度な運動

②食事

③生活習慣

実際に実年齢より若々しい人は、美を意識した美活LIFEを送っていることが分かっています。

中でも、今回は食生活の中で血管年齢が「若返る油・老ける油」を紹介します。

血管年齢が若返る油と老ける油

日常、料理や食事に使用している油を気にして使っていますか?

油は美容効果のある美しく若返る油と、逆の美に害する老ける油の2種類があり、美しくなれる油=若返る油ということになります。

油(オイル)と聞けば、多くの女性は太ってしまうからあまり摂りたくないと、全ての油の摂取を敬遠しがちですが、それは間違いなんです。

血管年齢の若返りだけでなく、逆に太らないためにもいい油を摂ることが大事になってきます。

では、積極的に摂りたい若返る油と、避けたい老ける油をみていきたいと思います。

【若返る油】

若返る油でおすすめなのは、オメガ3脂肪酸→魚やくるみに含まれて新陳代謝を活発にします。

オメガ9脂肪酸→オリーブオイルに含まれていて、シワができにくい肌を作ります。

オメガ6脂肪酸→ごま油、大豆油、コーン油などコレステロール値を下げる効果やアレルギーの改善、生活習慣病の予防効果が期待できます。

EPAの多い油→イワシやサバのような青魚に多く含まれていて、血液をサラサラにし、動脈硬化や心筋梗塞を予防する効果があるといわれています。

〇オリーブオイル

オリーブオイルは、酸化しにくくサビない体を作るので老化を遅らせ、アンチエイジング効果があるので美容と健康のためには積極的に摂りたいオイルですね。

オリーブ専門店、小豆島オリーブ園 のエキストラバージンオイルは、有名で人気ですね。

オリーブオイルは、食品から化粧品まで幅広く使用できるのが他のオイルとの違いです。

〇アボガドオイル

森のバターといわれるているアボガドは、良質な脂肪分や若返りのビタミンEを豊富に含んで栄養効果が高くおすすめです。

アボガドはそのまま食べてもいいですが、味が苦手な方はアボガドオイルで摂取するといいですね。

〇えごま油

えごま油は、体内でDHAやEPAに変わるα-リノレン酸が豊富に含まれているので、血管が柔らかくなり血管年齢が若返るだけでなく他にも美肌効果、ダイエット効果も期待できます。

腸活している人には毎日スプーン大さじ1を摂取すると、便秘解消して肌荒れが治ると人気ですね。

【老ける油】

トランス脂肪酸や加工植物油→マーガリンやショートニング、揚げ油に含まれています。

トランス脂肪酸を多く摂取すると、心筋梗塞や冠動脈性心疾患のリスクを高める危険性があるので避けたい油です。

一般的に家庭で調理に使われるサラダ油は、すぐに酸化してしまい体の老化をはやめてしまいます。

揚げ物を作って、一度使った揚げ油を使いまわして調理するのはやめて下さいね。

また、お惣菜を買って食べることが多い人は、調理してから時間が経過し、酸化した油を食べていることになるので控えた方がいいです。

ダイエットと良質な油の関係

ダイエット中の女性の中には、全ての油が太ってしまうという間違った考えを持っている方も少なくはありません。

良質な油なら、ダイエット中でも適量を摂取すれば体重を落とす手助けにもなるんですよ。

油の特徴には、油と一緒に食べている食材の吸収を遅らせるので同じものを食べたとしても吸収されるスピードが遅くなればそれだけ太りにくくなります。

また、油を摂ると満腹感が早く訪れて持続するので食欲が収まってたくさん食べ過ぎることもなくなります。

油抜きダイエットをしている人なんかは、逆に満腹感になるのが遅いのでつい食べ過ぎてしまうことにもなりかねません。

良質な油は普段の食生活に上手に取り入れて、痩せやすい体になりダイエット効果も期待できるのです。

血管年齢が若返る食べ物とは?

では、血管年齢が若返る食べ物には何があるのでしょうか?調べてみました(*^^*)

〇魚

特にサバやサンマ、イワシ味などの青魚がおすすめです。
青魚に含まれているDHAやEPAはオメガ3と呼ばれる脂肪酸で、中性脂肪を抑えたりコレステロール値を下げてくれ、血液をサラサラにする効果があります。

〇トマト

トマトにはリコピンという栄養素が含まれていて、このリコピンが善玉コレステロール値をあげて悪玉コレステロールの参加を防ぐ効果があります。

また、血管年齢を若返らせるビタミンCやルチンやビタミンPなど、毛細血管を常備する栄養素も含まれているので毎日食べたいですね。

〇納豆

納豆や、豆腐、厚揚げ油揚げ、豆乳、黒豆などの大豆製品は、中性脂肪を減少させて悪玉コレステロールを抑える効果があります。

特に納豆には、人間を老化させない若返り物質の「ポリアミン」が多く含まれています。

他にも、「ナットウキナーゼ」は血管内にできた血栓を溶かす効果があり、ビタミンK2は骨を修復し、腸の消化や吸収効果のある「ムチン」もふくまれています。

さらには、大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、女性ホルモンが減少したアラフィフ50代の更年期世代には毎日でも食べたい食材ですね。

若々しい血管と老化した血管の違いとは?

私たちの血管も血液も、年齢を重ねれば老化していきます。

若々しい血管とは、しなやかな血管の事でサラサラの血液が流れています。

サラサラの血液は、酸素や栄養物を体のすみずみまで運ぶことができます。

逆に老化した血管は、硬くなった血管にドロドロの血液が流れて、血液が固まりやすくなり、血流が悪くなり動脈硬化の原因になります。

「実際のドロドロに流れている血液」

↓ ↓

これは、私の5年前の血液の写真です(^^;

血液サラサラなのかが知りたくて、婦人科で調べてもらって大ショック受けたのでいまだに持っています。

見ての通りドロドロですよね~Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

これは、食生活の乱れ(過度の飲酒)と運動不足、水分不足が原因のドロドロ血液です。

こうしたドロドロ血液になると、若見えどころか動脈硬化の原因になり、健康をも脅かされますので怖いです。

動脈硬化とは、LDL(悪玉コレステロール)、血糖、血圧、中性脂肪の脂質の数値が上昇し、血管の内側が傷ついて血管が徐々に厚く硬くなり詰まってしまうことです。

動脈硬化の原因には、コレステロールや中性脂肪、動物性食材に多く含まれている脂肪酸(油脂)、牛肉や豚肉を摂りすぎる食生活に原因があります。

若々しい人は、健康な若々しい血管とサラサラの血液が流れているということになりますね。

血管年齢が若返るサプリを選ぶには?

普段の食事ではなかなか毎日は、血管年齢を若返らせる食事を摂ることは難しいですよね。

そこで、日々の食事だけでは補えない、有効成分を摂取できるサプリを飲むことをおすすめします。

しかし、血管若返りサプリメントといってもたくさん種類があるので、どれを選んだらいいのか?迷うと思います。

サプリを選ぶときは必ず、血管年齢の若返りに必要な青魚に含まれているDHCやEPA、オメガ3脂肪酸が多く含まれているもの、血液をサラサラにしてくれるクリルオイルやナットウキナーゼ成分の入ったサプリを選んで下さいね。

たくさんあるサプリの中で、通販で人気のよく売れている血管若返りサプリはコチラになっています。

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

更年期世代のアラフィフ50代の女性にもよく売れているようです。

参考にしてみて下さい。

まとめ

血管年齢が若返る油と老ける油があるので、日常的に良質な油を摂取し、老ける油はできれば避けて食生活を見直すことも若返りにはおすすめします。

普段の食生活で、なかなか血管若返りの油や食材を摂取出来ない方は、サプリメントで補えば簡単に摂取できるので試してみるのもいいと思います。

若返るためには、アンチエイジング効果にいい良質な油を摂って、見た目年齢の若さと肉体的な若さを手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする