しわ タルミ改善方法を知り老け顔から若返るには?

「見た目年齢」に大きく差がつく原因に、「しわ」「たるみ」があります。

50代の肌悩み別の中でも、しわやタルミで悩んでいるという女性は多いですね。

最初は小さなシワやタルミも、気がつけばいつの間にか目立つようになって、慌てるのが50代ではないでしょうか。

顔全体のタルミやほうれい線は、老けてみられるので正しいエイジングケアで予防しましょう。

加齢とともにできる、しわやタルミを放置してると、さらに深くなり老け顔が加速します。

シワ、たるみケアは、気になり始めたら早めのエイジングケアをおすすめします。

しわ、タルミの正しい知識やエイジングケア方法を知り、改善して老け顔から若返りましょう。

しわ、タルミの原因は?

シワは乾燥肌の人に多いですが、ただ乾燥してシワになるのはごく浅い「ちりめんジワ」といって、しっかり保湿ケアをすれば消えるシワです。

しかし、保湿ケアをしても消えないシワは乾燥によるものではなく、コラーゲンの変性と減少が原因によるものです。

乾燥が原因のシワより、加齢によるコラーゲンの減少が原因のシワの方が悩みは深いです。

コラーゲンはタンパク質からできた繊維で、水分を除いた真皮の約70%占めている成分です。

このコラーゲンの繊維が張りめぐらされエラスチンの繊維でつなぎ合わされ、肌は弾力をキープしています。

しかし、コラーゲンは加齢によって作られる量が減ってくるんで、コラーゲンの変性や減少が原因で、肌の弾力が失われてしまいシワやタルミになります。

タルミもシワと同じ真皮をキープした繊維が減って、崩れたのが原因で皮膚が垂れ下がってきたものです。

目の下のタルミ(目袋のたるみ)は、目元の皮膚が弾力を失ったのが原因で、ほうれい線は、頬の皮膚や皮下組織がたるんだことでできてしまいます。

また、フェイスラインがたるむとマリオネットやゴルゴ線ができてしまいます。

しわタルミに効果のある化粧品って何が良いの?

シワ、たるみ予防の化粧品選びは、ビタミンC誘導体配合の化粧品と、レチノール配合の化粧品が代表的です。

しわタルミ予防の化粧品選びは、成分を目安に選びましょう。

しわとタルミ予防に効果のある化粧品は原因が同じなので、「シワ用」「たる用」と分ける必要はないです。

コラーゲンの変性、減少が原因という意味で同じだからです。

それぞれに対応した化粧品がありますが、コラーゲンに働きかける点では同じなので、普段の基礎化粧品に、シワ、たるみ用の化粧品を1つプラスしてエイジングケアすれば大丈夫です。

しわやタルミが進行しないように早めにケアをして、予防していく事が大事になります。

肌のコラーゲンを増やす成分の選び方と使用ポイントは?

●ビタミンC誘導体

ビタミンCは、そのままでは肌に吸収されにくいので、朝晩のスキンケアの時に美顔器を使って、有効成分を肌の奥まで浸透させるイオン導入がおすすめです。

(イオン導入は、週1~2回が効果的)

人によってはビタミンCをつけると肌が乾燥しやすくなったり、刺激を感じたりする人もいますので、その場合はナイアシンを使用するのをおすすめします。

ビタミンC誘導体は、クリームより水に配合した方が安定するので、化粧水で使うのがいいです。

その中でも浸透力の高いのは、「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」なので購入時に確認して下さいね。

●レチノール

レチノールはビタミンAの一種で体内にあるものです。
目元の小じわや浅いちりめんジワに特に効果がありますが、深いほうれい線や額のシワは効果が出るまでは難しいです。

刺激が強いので敏感肌で肌の弱い人は注意が必要です。

レチノールは、油溶性で美容液やアイクリームに配合されていることが多いです。

使用していて肌のかさつきが気になる人は、レチノールよりビタミンC誘導体か
ナイアシンにしましょう。

レチノールは日に当たると効果が弱まるので朝のケアより、夜のケアに使用する方が効果的です。

●ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンは、水溶性のビタミンの一種で、ビタミンC誘導体やレチノールより刺激が少ないので敏感肌で肌の弱い人のエイジングケアにおすすめです。

コラーゲンの合成を高め、肌の代謝を活性化し、肌にハリと弾力を与えます。

水溶性成分なので、化粧水や水性タイプの美容液に配合されています。

シワやタルミをリフトアップする美顔器

★健康コープレーションから発売のリニューアル美顔器「エステナードソニックROSE」は、980円から始められる!手軽で簡単♪使いやすく人気の商品です。

エステナードROSE

エステナードソニックローズは、1秒間に800回もの超音波振動なので、まるでエステティシャンに施術されているようなタッピングで、お肌にハリを与えてくれます。

年齢とともにたるんできた目元や口元、また、年齢があらわれる首にもこの1台でお手入れができます。

たるみケアと潤いのある透明感のダブルケアでアプローチしてくれ、イオンクレンジング機能もあるんですよ。

1日5分!美顔器「エステナードソニックROSE」

★こちらは、エステナードの最新モデル「エステナードLIFTY~リフティ~」で、あの有名な【RIZAP】監修 のもとで作られた美顔器です。

週2回5分!美顔器「エステナードLIFTY」

顔の筋肉を鍛え、表情筋を刺激してアプローチするので、肌の奥からハリを呼び覚ましてくれます。

表情筋エクササイズで肌がキュッと引き締まり、たるみ改善が期待できます。

スキンケアに限界を感じ始めてる人には、表情筋を鍛えてくれるエステナードリフティはおすすめですね。   

しわ タルミに効果的な食べ物は?

普段食べている食事が美肌を作り、しわやタルミ予防できるなら、意識して毎日の食事に取り入れてたいものですね。

しわ タルミに効果的な食べ物は、コラーゲンたっぷり手羽先や鶏肉。

また、納豆は女性ホルモンが安定し、肌のハリに効果があります。

鮭も若返り効果のある栄養素、アスタキサンチンという抗酸化物質が入っていて、コラーゲンの生成を促進する働きを持っています。

肌にハリと弾力を与えてくれる鮭は、しわ、たるみ予防に毎日でも積極的に食べたいですね。

まとめ

乾燥だけがシワになる原因というのは間違いで、シワの多くは乾燥ではなく加齢によるコラーゲンの減少が原因です。

乾燥が原因の「ちりめんじわ」は、しわが浅いので保湿ケアをすれば消える場合が多いです。

しわタルミ効果のある化粧品選びは、ビタミンC誘導体とレチノール配合のものを選びましょう。

しわとタルミは原因が同じなので、肌にコラーゲンを増やすケアをしていく事が大事になります。

また、普段の食事も肌のアンチエイジング効果のある食事を意識して食べることが大事です。

肌は、内側と外側からも手をかければ必ず応えてくれますから、これまでエイジングケアをしてこなかった人も、50歳過ぎてからでも遅くはありません。

日々のお手入れと意識した食生活で若返ることができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする