毛穴の開きは老化のサイン?毛穴の種類と原因、ケア方法

年齢とともに目立つ毛穴の開きは老化のサイン?

毛穴の開き、毛穴のつまり、毛穴の黒ずみ、たるみ毛穴に悩んでいませんか?原因や毛穴のケア方法、対処法を説明しています。

毛穴が開く原因は?

毛穴の大きさは、大小と元々から個人差さがありますが、毛穴が開いて目立つ要因には3つが挙げられます。

①遺伝的な肌質。
②角柱が詰まっている。
③加齢が原因で毛穴がたるんでいる。

これらの原因で毛穴が開き目立つようになるのですが、それぞれのケア方法で開いた毛穴を予防することができます。

毛穴の種類

毛穴の種類には、「イチゴ毛穴」詰まった毛穴と「たるみ毛穴」があります。

イチゴ毛穴は、古い角質や皮脂が混ざって、毛穴の中に詰まっていくタイプの毛穴です。

たるみ毛穴は、真皮のコラーゲンが減少し変性して皮膚が毛穴を支えきれずに垂れてきたタイプの毛穴です。

毛穴の開き・たるみ・詰まりの予防方法

【遺伝的な肌質の毛穴予防対策】

遺伝的な肌質では、男性ホルモンが遺伝的に多い人は皮脂が多く、思春期ごろはニキビがでやすい肌質の人です。

遺伝的なものなので男性ホルモンを減らすことはできませんが、食生活でなるべく脂っこいものの食べ過ぎには注意が必要です。

また、睡眠不足も皮脂をさらに増やしてしまい、毛穴を目立たせる原因になるので気をつけましょう。

【角質が詰まっている毛穴のケア・予防対策】

イチゴ毛穴」や「ブラックヘッド」と呼ばれるタイプの毛穴で、古い角質や皮脂が混じって毛穴が詰まっています。

これらも主に体質的なものでもともとの肌質による事が大きいですが、日々の洗顔で皮脂をキレイに落とすことが大事になってきます。

しっかり泡を立てて優しく洗顔することで、毛穴の汚れや詰まりを取っていきます。

毛穴の汚れや黒ずみに効果のあるクレンジングで、メイクはしっかり落としてから洗顔をしましょう。

ぬれた手でもクレンジングでき、しっかり毛穴のエイジングケアをしてくれるオイルクレンジングならアンサージュのオイルクレンジングがおすすめです。

はがす毛穴パックで詰まりをとる人もいますが、あまりやり過ぎるのは良くありません。

角質をとることに熱心になり過ぎるのは、毛穴を刺激して肌を痛め余計に広がってしまうこともあるので程々にしましょう。

ピーリング専用の美顔器での毛穴の大掃除に、私は通販で購入したものを週1~2回使用しています。

ピーリングした後は化粧水の浸透力の良さに、毛穴の詰まりや汚れがキレイに取れたのがよく分かります。

洗顔だけでは完璧に落とせない汚れを、週に1、2回の美顔器でピーリングケアすることもおすすめします。

【たるみ毛穴のケア・予防対策】

たるみ毛穴は加齢・老化が原因で、肌のコラーゲンの減少や変性が原因なので、コラーゲンを増やすケアを行います。

ピーリングやレチノール、ビタミンC誘導体でコラーゲンを増やすケアをします。

毛穴のケアをしても、簡単にすぐ毛穴が小さくなって目立たなくなることはありませんが、毛穴の詰まりをピーリングなどで予防し予防することは大事になってきます。

また、フェイスライン引き締め効果のある美顔器などで、たるんだ頬を引き締めると、開いた毛穴も目立たなくなります。

何もしなければますます年齢とともに毛穴が開いてたるんできますので、毛穴ケアは必要ですね。

何が何でも早く毛穴を小さくしたい人は、美容皮膚科で相談する方がいいかもしれません。

美容皮膚科では、サルチル酸ピーリングやレーザー治療が行われていますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする