プラセンタ注射やサプリメント効果で体の中から若返る♪メリット・デメリット

「若返りのエキス」として注目のプラセンタ。

アラフィフ50代にもなると、美容やアンチエイジング、健康効果の目的(更年期症状)などで、プラセンタ注射をうったり、サプリメントを飲んでいる女性も多いのではないでしょうか。

意外と知らない人も多いプラセンタ注射やサプリの効果ですが、あなたはプラセンタ注射のメリット・デメリットを詳しく知っていますか?

これからプラセンタ注射を打とうかなと思っている人にも参考になればと思います。

プラセンタとは?

プラセンタは英語で「胎盤」という意味です。

一般的に哺乳類の胎盤から栄養成分を抽出した「胎盤エキス」のことをプラセンタと呼んでいます。

人間の胎盤だけでなく、馬や豚など哺乳類全般の胎盤のことを指しています。

そして、プラセンタには、注射とサプリメントの2通りの利用法があります。

プラセンタの成分

プラセンタにはエイジングケア効果が期待できますが、その理由にさまざまな栄養成分がバランスよく含まれて栄養満点なんです。

プラセンタ(胎盤)から抽出されたプラセンタエキスには、

・タンパク質

・10種類以上のアミノ酸

・脂質

・糖質

などの三大栄養素や、身体の働きを活発にする

・ビタミンやミネラル

・核酸、酵素

などが含まれています。

これは、胎児が成長し生命を維持するために欠かせない栄養素です。

プラセンタサプリメントとは?

プラセンタサプリメントはドリンクタイプとカプセルタイプの2種類があります。

サプリメントは、プラセンタ注射に比べると即効性は劣りますが、継続的に長期にわたって飲み続けることで効果は期待できます。

プラセンタ注射とは?

プラセンタ注射は、ヒト由来のプラセンタを使用し、厚生労働省に認められているので安心でき、婦人科や美容クリニックでプラセンタ注射を受けることができます。

美容や健康、メンタルにも効果が期待できるので多くの女性が利用しています。

プラセンタ注射の効果

プラセンタ注射の効果は、美容と健康、アンチエイジング効果に期待できますが、それ以外にもメンタルの不調にも効果が期待されています。

では、どのような効果があるのか説明しますね。

美容効果

〇美肌効果
〇美白効果

肌の細胞、新陳代謝を促進することで、美白や保湿効果、シミやシワ、たるみ、肌のハリに効果が期待できます。

実際に、プラセンタ注射を打っている人には肌にハリがある人が多いですよね。

健康効果

〇更年期障害の改善
〇生理不順や生理痛

女性に重要なホルモンの1つであるエストロゲンの血中濃度を高めることが期待できるプラセンタは、ホルモンバランスを整えられるので更年期障害や生理不順にも効果が期待できるのです。

〇肩こり・腰痛

プラセンタには、細胞を活性化し、血流が良くなる効果が筋肉や関節の痛みを和らげます。

〇疲労回復

新陳代謝が活性化することで、細胞や血流が良くなり、乳酸を体内に溜め込まず疲労回復効果が期待できます。

メンタル

プラセンタにはメンタルの不調にも効果が期待できるところが素晴らしいところです。

●うつ病
●不眠症
●自律神経失調症
●ホルモンバランスの乱れ

プラセンタ注射のメリット・デメリット

プラセンタ注射は婦人科やクリニックで受けることができますが、サプリより注射となると少し不安になる人もいるかと思うので、メリットとデメリットを説明したいと思います。

プラセンタ注射のメリット

プラセンタ注射は、人の胎盤から抽出されたものを使用していますが、これは医療機関でのみ受けられます。

〇厚生労働省に認可されているので安心。

ヒト由来のプラセンタ注射は現在、の2種類だけ「メルスモン」「ラエンネック」、厚生労働省に認められて安全が保証されています。

美容効果が目的の場合は「メルスモン」と「ラエンネック」効果は両方とも同じです。

健康目的では、

「メルスモン」➡更年期障害の軽減が目的に使用されています。

「ラエンネック」➡肝機能障害の改善を目的に使用されています。

〇吸収率が良く即効性が高い

プラセンタ注射はヒト由来のプラセンタ注射をしようしているので吸収率が良く、
直接体内に注入することで即効性が高く効果を実感しやすいです。

プラセンタ注射のデメリット

では、プラセンタ注射のデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

●献血ができない
●アレルギー反応が稀におこる
●効果を持続するために通院が必要になる

プラセンタ注射の効果的な頻度

プラセンタ注射は、効果に個人差がありますが、最初の1~2ヶ月の初期療法は週に1~2回の間隔でうち、持続療法になると1週間~2週間に1回の頻度が効果的です。

プラセンタに含まれる成長因子は吸収されるのが早く、プラセンタエキスが体内に吸収されるまで2~3分です。

注射はサプリと違い即効性はあるけれど、通院しないといけないので大変ですが、なるべく日数を開けずにこまめに打つのが効果的なんですよ。

プラセンタ注射はどこに注射するのがいい?

プラセンタ注射は、お尻か肩、腕にに打つのが一般的ですが、頻繁にうつようになると、跡が残るのを避けるためにもお尻がおすすめです。

一番に効果がある部位は、やはりお尻ですね。

プラセンタ注射はゆっくりと打つので、チクッと打つ間は痛いですがガマンしないといけません(^^;

注射をした後は十分に揉んで下さい。

プラセンタ注射の副作用

プラセンタ注射は歴史も長く、これまでに重大な副作用があったことはほとんど起きていません。

また、効果が出すぎたり他に心配するようなことは特にありませんが、稀に副作用が起こる場合もあります。

・かゆみ・発疹・痛み・悪寒・注射した部位が硬くなるなど・・・

この場合はすぐに中止すると治まってきます。

プラセンタサプリメントの副作用

プラセンタサプリメントは食品と同じで、サプリの成分は、アミノ酸やビタミン、ミネラルといった普段、口にするものなので、アレルギーがない限りは副作用は起きません。

しかし、稀にアレルギーを発症する人もいるようなので、アレルギー体質の人は注意が必要です。

体力が著しく低下している人は医師に相談することをおすすめします。

プラセンタ注射とサプリの即効性はどっち?

プラセンタ注射とプラセンタサプリメントでは、即効性があるのは直接体内に注入するプラセンタ注射の方です。

いかがでしたか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする