ピーリング化粧品の効果と肌老化を防ぐしくみ

肌の老化は、年齢とともに遅くなっていく肌のターンオーバーと深い関係があることを知っていますか?

肌のターンオーバーは、28日といわれていますが、年齢とともに30日~40日~と遅れていき、古い角質、死んだ角質細胞の層がどんどん増えて厚くなり、その結果、肌をくすませています。

また、メラニンを排せつする作用も低下し衰えていくので、シミやくすみの原因にもなります。

このように肌老化を防ぐためには、定期的にピーリングをすることをおすすめします。

では、ピーリング化粧品を使用して、ピーリングするとどのような効果があるのか?

ピーリング化粧品の効果と、ピーリングによって肌老化を防ぐしくみを説明したいと思います。

肌のくすみやシミ、大人ニキビなど肌のトラブル、肌老化で悩んでいる人に参考になればと思います。

ピーリングとは?

ピーリングとは、酸などを使って古くなった肌の角質を取り除き、肌の再生を促す美容法のことをいいます。

ピーリング剤が肌老化を防ぐしくみとは

毛穴の開き、シミ、くすみ、たるみ、シワなどの老化肌におすすめのピーリングですが、どのようなピーリング効果があるのでしょうか?説明したいと思います。

ピーリング効果でターンオーバーが高まる

ピーリングをすることによって、古い角質を取り除き、ターンオーバーが高まるのでメラニンの排泄を促し、シワ、たるみ、、シミ、くすみ改善効果とあらゆる肌老化の改善に効果が期待できます。

また、古い角質と一緒に角柱などの毛穴の汚れも取れるので、毛穴の開きも目立たなくなります。

ピーリング効果でコラーゲンが増える

ピーリングによって肌の代謝がアップするので、表皮が活性化したいというシグナルが真皮に伝わってコラーゲンが増えていきます。

結果、シワやたるみ予防にも効果があるということになります。

ピーリング効果で化粧品の浸透力が高まる

ピーリングで古い角質を取り除くことで、化粧品の浸透力も高まり、コラーゲンを増やす成分、抗酸化成分、美白成分などのエイジングケア化粧品の効果が若肌へと生まれ変わります。

ピーリング化粧品の種類

ピーリング化粧品には、洗い流せるタイプとゴマージュタイプ、スクラブ、ふき取りタイプがあります。

ゴマージュタイプやスクラブは、角質をこすってポロポロと落とすので、このタイプは肌を摩擦して傷めてしまうことがあります。

同様に、ふき取りタイプもあまり強くこすり過ぎると、肌を傷つけてしまうので注意が必要です。

どちらかというと、肌に優しい洗い流すタイプの方がおすすめですね。

家庭用のピーリング化粧品と皮膚科のピーリング剤

皮膚科では、治療にピーリングが導入され、ニキビ、ニキビ跡、シミ、シワなど、さまざまな治療に使われています。

家庭用の肌に優しいピーリング化粧品もたくさんでているので、週に2回を目安に、定期的にエイジングケアでピーリングケアを取り入れると肌が若返ります。

皮膚科で用いられるピーリング剤よりも、市販のピーリング剤の方が濃度は低いので安心して使用することができますが、万が一、使用して強い刺激を感じたり赤みが出たときは、使用を中止するようにして下さい。

ピーリングをするときに注意したいこと

・時間をかけすぎたり強くこすらないこと(肌に余計な刺激を与えない)

・肌の状態が悪い時はピーリングはしないこと(寝不足・風邪ぎみ)

・Uゾーン(目元)は、肌が薄く弱いのでのせる時間を短く最後にすること(いきなりUゾーンはNG)

・肌に赤みがでたらストップすること

ホームピーリングで効果を上げるポイントと使用方法

・乾いた肌にピーリング化粧品を手に適量を取りのせます。
一番に顔の中でも肌が強い額などTゾーンにのせて軽くマッサージするように馴染ませます。

・目元は優しく中指と薬指の指先を使って小さな円を描くように馴染ませる。

・ぬるま湯でしっかり洗い流しタオルで優しく拭きます。肌はこすらないようにして下さい。

・ピーリング後は保湿をしっかりすること。
ピーリング後は肌が乾燥しやすくなっているので、セラミド配合などの保湿美容液をたっぷりつけることをおすすめします。

・ピーリング後は、パックやマッサージは2~3日は控えること。

・ピーリング後は紫外線を吸収しやすくなるので、外出時は必ず紫外線対策をすること。

・ピーリング化粧品に刺激を感じるようなら弱めること。

敏感肌の人のためのピーリングのコツ

敏感肌の人はピーリングというと、少し怖いイメージがあるかもしれませんよね?

その場合、ピーリングによる刺激を弱める方法があるので説明しますね。

・肌を水で濡らしてからピーリングをする。
・ピーリング化粧品を水で薄めて使用する。
・ピーリングの使用時間を短くする。

手作りピーリング剤の作り方のと使い方

薬局で買える身近な材料を使って、手作りピーリング剤を作ることができます。

敏感肌の人には、自分の肌に合わせて弱めで手作りもいいかもしれません。

【材料】
クエン酸→10g
精製水→100㎖
空き容器 (熱湯消毒ができるもの)

【作り方】
熱湯消毒した空き容器に材料を入れて、クエン酸が溶けるまでよく混ぜます。

【使い方】
①洗顔後、肌を清潔にした後に顔全体にピーリング剤をつけ、手で馴染ませながら30秒ほど置きます。

②ぬるま湯でよくすすぎます。
慣れてきたら、すすぐまでの時間を1分くらいにのばすのもいいですね。

クエン酸は、酸としての効果が弱いので、この手作りピーリング剤を使用して、シワやニキビ跡まで薄くする効果は期待できないですが、初期の小さいニキビや薄いシミには効果が期待できます。

まとめ

ピーリング化粧品には何種類かありますが、一番肌に負担がかからないのはクリームやジェルタイプで洗い流すものです。

ピーリング効果は、直後から肌がツルツルになるのを実感でき、続けることによって弾力のあるふっくらとした肌になって若返ります。

老化肌で悩んでいる人はぜひ、定期的なピーリングを習慣にしてみて下さい。

水だけでピーリングできる、肌に優しいピーリング美顔器も「楽天」通販で人気です。

【送料無料】【1年保証】【あす楽】COSBEAUTY コスビューティー アクリアルピーリングプロ 角質 角栓 皮脂 除去 つるつる 美肌 ピーリング 美顔器 ウォーターピーリング テレビ通販大人気

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする