ポリフェノール効果と摂り方で若返る方法♪知らないと損!

アンチエイジング、老化予防に効果のある注目の栄養素「ポリフェノール」。

ポリフェノールを摂って若返り効果があるとよく耳にすると思いますが、実際にポリフェノールを多く含む食材はなにがあるのでしょうか。

ポリフェノール=赤ワインに多く含まれている!という事は、皆さん知っている人は多いと思います。

アンチエイジング、若返りに知らないと損するポリフェノールの上手な摂り方や食材の情報をお伝えしますね。

主治医が見つかる診療所」番組でも、とても分かりやすく説明されていたので記事にしてみました。

参考にしてみて下さいね(*^^*)

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは、植物が持っている「苦味」「渋み」「色」が成分で、鮮やかな野菜や果物の色がポリフェノールなんです。

ほとんどの植物の葉や茎、果物などに含まれています。

元々は、ポリフェノールは植物が強い紫外線やさまざまなダメージ、虫などに食べられないように、自分の身を守るために蓄えている成分です。

【代表的なポリフェノール】

・大豆に含まれているポリフェノール→イソフラボン
・緑茶に含まれているポリフェノール→カテキン
・柿に含まれているポリフェノール→タンニン
・コーヒーに含まれているポリフェノール→クロロゲン酸

がありますが、それぞれ名前が違っています。

ポリフェノールの効果

人間の老化の原因の1つに「酸化」があります。

ポリフェノール効果は抗酸化力に優れていて、酸化(身体がサビていくこと)を防いでくれる効果があります。

病気の原因や、老化の原因になる活性酸素を体の中から取り除いてくれる働きをします。

なので、動脈硬化を予防したり、血管や肌をキレイにし、いつまでも若々しくいるためのアンチエイジング効果があります。

ポリフェノールは何種類あるの?

ポリフェノールは、さまざまな野菜や果物食材に含まれていますが、その種類はなんとビックリ!!驚きの、5000種類~8000種類もあります。

ポリフェノールを多く含む食材は?

野菜のポリフェノール量ランキング(100gあたり)

1位 ほうれん草 105㎎
2位 玉ねぎ   65㎎
3位 じゃがいも 45㎎
4位 トマト   40㎎
5位 にんじん 大根 15㎎

第1位のほうれん草は、他の野菜に比べてポリフェノールが多く含まれている最強の野菜です。

茹でて冷凍しても栄養素は損なわれないので、冷凍保存していると毎日少しづつでもちょい足しして食べられますね^^

ちなみに、日本人が最も多くポリフェノールを摂っている野菜は2位の玉ねぎだそうです。

また、キク科の野菜は「苦味」のあるポリフェノールが多く含まれているので積極的に食べるといいですね。

・サンチュ
・サラダ菜
・レタス
・ごぼう
・春菊

などがあります。

野菜のポリフェノールを逃さず摂るためのポイント

ポリフェノールは水に溶ける物なので、野菜を茹ですぎるとポリフェノールがゆで汁に逃げてしまうので、お汁ごと、スープごと飲める調理法がおすすめです。

・豚汁
・鍋
・煮物

など、ポリフェノールを逃がさず摂るためにはお汁も一緒に飲める料理がいいですね(*^^*)

飲み物のポリフェノール量ランキング(100㎎あたり)

1位 赤ワイン 230㎎
2位 抹茶   214㎎
3位 コーヒー 200㎎
4位 緑茶  115㎎
5位 ココア  62㎎

1位の赤ワインは、ポリフェノールが多く含まれているので毎日でも飲みたいところですね♪

ワインのポリフェノールがもたらす健康効果の記事>>>

しかし、アルコールが飲めない人はどうすればいい?

アルコールが飲めない人や子供にも、赤ワインのポリフェノールが摂取できる嬉しい方法があるんですよ♪

赤ワインが飲めない人のポリフェノールを摂る方法

赤ワインが飲めない人のためのポリフェノールを上手に摂る方法は、赤ワインを鍋で加熱してアルコールをとばして料理に使用するといいです。

5分の1になるくらい煮詰めて冷蔵庫で保存すれば1ヶ月は使用できます。

赤ワインのポリフェノールは、熱に強いので加熱しても老化予防の効果は失われにくいです。

ハンバーグやミートソースに煮詰めた赤ワインを使ったり、いろんな調理に使用して試してみてください。

子供も喜んで食べることができますね^^

ハンバーグソースに

手作りミートソースに

煮詰めるワインは、高価な赤ワインでなくても大丈夫!
安物の残った赤ワインをごちゃ混ぜてもポリフェノール効果はなくなりませんよ(*^^)v

参考にしてみてね。

知らないと損するポリフェノールの効果と摂り方

★コーヒー1日2杯以上で肌のシミ予防になります。

日常的にコーヒーを飲んでいる人は、飲まない人に比べて肌のシミが少ない結果がでています。

★ポリフェノールは4時間おきに摂ること。

ポリフェノールは、水に溶けやすく吸収されやすいけれど、摂取した後は体の中には長くとどまることができず、約4時間後には体外に排出されて消えてしまいます。

なので、ポリフェノールは1度にたくさん摂っても摂りだめができないので、4時間おきに毎食コツコツと少しづつ摂っていく事がポイントで大切になります。

まとめ

ポリフェノールには、美肌効果や若返るアンチエイジング効果があります。

抗酸化力があり、活性酸素を体から取り除いてサビない体にします。

ポリフェノールは、一度にたくさんを摂取しても4時間で体内から排出されてしまうので、こまめに摂ることが大事です。

アルコールが飲めない人でも、赤ワインを煮詰めて料理に使用すれば効率よく毎日でもポリフェノールを摂ることができます。

アンチエイジングに注目の栄養素、ポリフェノールを上手に摂取して若返る美活ライフに取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする