米麹甘酒の美容効果がスゴイ!「飲む点滴」とよばれるアンチエイジング効果とは?

米麹甘酒の美容効果がスゴイ!「飲む点滴」とよばれるアンチエイジング効果とは?

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれているほど栄養価が高く、さまざまな効果があることをあなたは知っていましたか?

最近ではテレビや美容雑誌でも、甘酒の美容効果が紹介されるほど注目されている飲み物です。

女優さんやモデルたちの間でも甘酒は人気で注目されており、アンチエイジング効果を紹介されています。

最近では、お店に甘酒コーナーに色んな種類の甘酒が並べられ販売されています。

一時期は甘酒が売り切れになるほどの人気でした。

画像はスーパーの甘酒コーナーですが、値段もピンキリで売られていますね。

では、これほど注目されている甘酒の美容効果がどのようなものがあるのか?紹介したいと思います。

これから甘酒を飲み始めようかな~と考えてる人はぜひ、参考にしてみて下さいね(*^^*)

甘酒とは?

甘酒は「飲む点滴」といわれており栄養価が非常に高い飲み物です。

そして甘酒には大きく分けて2種類があります。

甘酒の種類は?

甘酒には、「酒粕で作る甘酒」「米麹で作る甘酒」の2種類があります。

「酒粕甘酒」と「米麹甘酒」は、どちらとも栄養価は高いですが、目的を考えてどちらを飲むのか選ばないといけません。

〇酒粕で作る甘酒

酒粕で作る甘酒は、酒粕に砂糖を加えて作っています。
アルコールも少しですが含まれているので子供は飲めないです。
また、砂糖を加えているのでダイエット中の人には不向きですね。

〇米麹で作る甘酒

砂糖やアルコールを加えず、お米、米麹、水を加えて作るので、麹が引き出すお米の甘みで栄養価も高く、「飲む点滴」とよばれています。

こちらはダイエット中の人やお子様も美味しく飲むことができますし、美容効果やダイエット効果を期待するなら米麹甘酒を選んでくださいね。

米麹甘酒の美容効果は?

では、甘酒の美容効果にはどんな効果があるのでしょうか?

米麹甘酒の美容効果を説明したいと思います(*^^*)

★【アンチエイジング効果】

麹には美容成分の「コウジ酸」が豊富に含まれているので美肌効果があります。

コウジ酸にはシミの原因になるメラニン生成を抑えてくれる美白効果があり、シミ・くすみを防いでくれます。

甘酒はお通じが良くなるので、それによって肌荒れが改善され美肌が期待でき、アンチエイジング効果につながります。

★【疲労回復効果】

ブドウ糖、ビタミンB群は、疲労回復作用や免疫力を高めてくれる作用があります。
甘酒は、滋養強壮ドリンクとしてや産後、授乳期の栄養補給にもおすすめできる飲み物です。

★【美しい髪を作る効果】

コウジ酸には、ダメージを受けた髪や頭皮を若返らせる効果があるので美しい髪を作ります。

★【甘酒のダイエット効果】

甘酒の乳酸菌が腸まで届き、食物繊維がお腹の腸内環境を整え便秘改善されスッキリします。

甘酒は吸収されやすく、太りにくいという魅力的な飲み物で、豊富なビタミンB群によってすぐに糖分がエネルギーに換えられ代謝されます。

なので、脂肪が燃えやすくなりダイエット効果が期待でるのです。

気になる米麹甘酒のカロリーは、100gで81キロカロリーと低カロリーで、満腹感が得られるのでプチ断食ダイエットや置き換えダイエットにもおすすめできます。

甘酒の栄養や効能は?

甘酒の栄養価は、「飲む点滴」とよばれるほど栄養価が高く、私たちがする人間の点滴と同じ成分の内容になっているんですよ。

・食物繊維
・ビタミンB1
・ビタミン2
・ビタミン6
・葉酸
・システイン
・アルギニン
・グルタミンなどのアミノ酸
・オリゴ糖
・大量のブドウ糖

が含まれています。

食物繊維、オリゴ糖が腸内環境を整えてくれ、便秘が改善されるので美肌効果があります。

甘酒の美味しい飲み方おすすめは?

甘酒はお好みで色んな美味しい飲み方がありますが、中でもおすすめの美味しい飲み方や食べ方を紹介しますね。

●豆乳甘酒

米麹甘酒+豆乳を同量入れて飲む豆乳甘酒は、まろやかで美味しいです。
豆乳の美容効果とダブルで美肌が期待できそうですね^^

●甘酒牛乳

豆乳が苦手な人は、牛乳で割って飲んでもおいしいですし、子供も喜んで飲めるので家族で飲むことができますね。

●甘酒寒天

甘酒寒天はダイエット中でも嬉しい満足のいくおやつですね♪

●甘酒ヨーグルト

これらは大人や子供の栄養満点のおやつに喜んで食べれそうですよね。

バナナも入れるとお通じが良くなり、ヨーグルトでお肌もうるおっていい事ばかり♪

甘酒を簡単に手作りする方法(レシピ)

炊飯器を使って自宅で簡単に作る米麹甘酒レシピをご紹介します♪

材料(原液1.5ℓ)

・米     2合(300g)
・水     炊飯器3合まで入れる
・米糀    250g
・水・氷   適量
・塩・生姜  お好みで

①米2合を洗って水加減は多めの3合分で炊飯器で炊きます。

②炊きあがったら内釜を取り出し、水500㎖と氷150g(目安)を加えて温度を60℃以下に下げ ます。

③米糀を加え、まんべんなく混ぜます。

④内釜を炊飯器に戻して保温スイッチを押し、蓋は開けたままで布巾をかぶせて時々かき混ぜ ながら保温します。

⑤8時間くらいすると甘酒っぽくなってきますが、24時間経つともっと甘くて美味しくなります。

⑥60℃を超えないようにかぶせた布巾で温度調節します。

⑦炊飯器から取り出しブレンダーかミキサーにかけてなめらかにし、水を300~400㎖くらい 足します。

⑧鍋に移して火にかけ、軽く沸騰したら火を止めて粗熱を取ります。
 お好みで、塩と生姜を加えるとコクと甘みがアップします。

⑨甘酒を容器に入れて冷蔵庫で保管しますが、まだまだ甘みが深まります。
 (保存期間は10日ほど保存できます)

⑩飲む時はお好みで、お水や豆乳、牛乳と割って飲みます。
 氷を入れてアイスで飲んでも、温めてホットで飲んでも美味しいですね。

★【コツ・ポイント】

米糀を混ぜる時は、60℃以下になっていること。

できあがりに一度沸騰させて糀の働きを抑えること。

*時間の経過とともに熟成し気がついたらすごく美味しくなります。

簡単!甘酒の作り方はクックパットを参考にしてます。

また、あまざけ美人酵素サプリメントも発売されていますよ。

まとめ

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高い飲み物で、さまざまな効果があり、最近は特に注目されています。

甘酒には「酒粕で作る甘酒」と「米麹で作る甘酒」の2種類の甘酒があり、ダイエット目的や美容効果のために飲むなら米麹甘酒がおすすめです。

栄養満点の甘酒は、美容効果以外にも健康面でも嬉しい効果があり点滴と同じ成分が甘酒で気軽に摂取できるので、体調不良の時や夏バテなどにはぜひ飲みたいドリングですね。

アンチエイジング効果のある甘酒はぜひ美習慣に取り入れて一日一杯飲んでキレイになれるといいですね(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする