「50代」体型の崩れの原因は骨盤のゆがみと〇〇の衰え

アラフィフ50代のあなた、体型が崩れて悩んでいませんか?

50代の多くの女性の悩みがボディラインの崩れだと思います。

体型の崩れの原因は、骨盤のゆがみからきているのですが、ポッコリお腹タレ尻ハリのないバスト二の腕のタルミダイコン脚など・・・ちょっと自分の体を思い浮かべてみて下さい。

あなたはどうです・・・?嫌になっちゃってませんか?(ノдヽ)

私たちアラフィフ世代(50代)は、男女ともに見た目年齢に大きく差が出る年齢なので、何も努力をしなければ、年齢とともにますます体型が崩れていってしまいます。

50代になっても、ビックリするほど見た目年齢が実年齢より若い女性っていますよね?

美魔女と呼ばれる女性は、普段の生活の中で意識をして「美活」を取り入れた生活を送っていることが若く見える共通点だと私は思います。

50代女性の崩れた体型を改善するのに断言できること

アラフィフ50代、体型が崩れてきた世代の私たちに断言して言えることは・・・40代、50代からは、筋肉と骨盤ケアが大事だということです!!

年齢とともに徐々に衰えていく筋肉を重力に逆らわせ、美しい体のラインに改善しキープするには筋肉をつけるしかありません。

筋肉をつける前に大事なことは骨盤のゆがみを改善することです!

トレーニングする前には、必ず骨盤ケアをして骨盤矯正、骨盤の位置を正しいもとの位置に戻してから筋肉をつけることを忘れないで下さいね。

骨盤がゆがむとどうなるのか?

骨盤がゆがむと内臓が下がってしまうため、ポッコリお腹の原因になり、また、ヒップが垂れてしまったり、脚が太くなったりします。

姿勢が悪くなることであらゆるところに影響され、体型が崩れてしまいます。

骨盤のゆがみを改善する方法として、バランスボールや腰回しで骨盤のゆがみを改善する人、整体で骨盤矯正する人、補正下着を着用する人もいますよね。

ただ履いているだけで骨盤ケアができ、下半身痩せして美ボディになれるという人気で話題の「骨盤ケアショーツ」を履く女性も多いです。

運動苦手で、楽して骨盤のゆがみをケアしたい人にはおすすめのショーツですね。

美ボディー「Sカーブライン」をキープする

骨盤ケアをして、気になる崩れた体に筋肉をつけることでSカーブの美ボデイーになることができます。

★バストアップしたいなら➡胸の筋肉(大胸筋)をつけて、その上に脂肪をつければハリのある美乳になることができます。

★ヒップアップしたいなら➡骨盤ケアをしてゆがんだ骨盤をもとの位置に戻し、骨盤を支えている靭帯を鍛えることが大事になります。

お尻の筋肉が体の中で一番大きな筋肉なので、ここを鍛えることで筋肉量が増え、代謝も上がり脚もスッキリ美脚になっていきます。

おすすめはスクワットですが、一日の回数を決めて毎日続けることが大事です。

★脚を細くしたい場合も➡ヒップアップと同じく、骨盤ケアからスクワットで太もも裏の筋肉(ハムストリングス)を鍛えます。

ただ細いだけの棒のような脚は魅力的ではないので、鍛えることで引き締まり美脚になれます。

★二の腕のたるみなら➡ダンベルなどで、二の腕を鍛えて筋肉をつけると振袖のような二の腕が改善されます。

★ポッコリお腹は➡腹筋やドローインなど、ながら腹筋でも方法はあります。

必ずしもジムに通ったり、激しく鍛えなければいけないことではなく、普段の生活の中で空いた時間に・・・家事をしながら・・・筋肉をつけることはできるのです。

ジムに通える人は、トレーニングや筋トレをした方がいいですが。

まとめ

いかがでしたか?
女性である限りはいくつになっても若々しく自信をもっていたいですよね。

体型が改善されて美しいボディになれると、見た目年齢も同世代と差がつき自信に溢れた生活が送れるでしょうね♪

体型の崩れは、「骨盤ケア」「筋肉」が大事だという事を忘れないで下さいね(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする