肌が老化する原因を知っていますか?

アラフィフ50代も過ぎると肌の老化が気になってきますよね。鏡を見るたび自分の老化した肌にため息ついていませんか?

「最近、何だかハリがなくなってきたわ~」

「目も小さくなってきたし、目袋のたるみ気になってる。」

「肌がゴワゴワしてくすんできてるし・・・」

「目尻のシワ、眉間のシワ、ほうれい線にマリオネット・・」

あぁ~もう~イヤ!!

鏡を見るたびに年齢を実感し、進む肌の老化に焦って悩む女性も多いことでしょう。

肌老化が進むのを何もしないで諦めていては若返ることはできないです。
このままくたびれたオバちゃんになっちゃいます(^^;

少しでもエイジングを食い止めて、若々しい肌を手に入れましょう。
今からでも遅くはありません^^

そこで、エイジングケア、正しいスキンケア基礎知識を知ることから身につけていくことをお勧めします。

知識を知ってるのと知らないのでは大違いなので。

肌老化の仕組みを知ってエイジングケアする事がエイジングケア成功の秘訣になり大事です。

★肌が老化する主な原因

紫外線は肌老化の65%を占める大敵

肌の老化で一番怖いのが紫外線!
紫外線は肌の老化の65%を占めていて、長年浴び続けることによってシミやシワ、たるみなどの肌老化の原因になります。
これを「光老化」といわれています。

日光を浴びると肌を守ろうとメラニン色素がつくられ、肌のターンオーバーによってその後は排泄されますが、繰り返し浴びることでメラノサイトが増えてシミの原因になります。

シミだけでなくコラーゲンが変性、劣化して弾力が失われ、肌のハリななくなりタルミに変わります。

たるんだことでシワが刻み込まれてしまうのです。

日々の生活の中で知らず知らず浴びた紫外線のダメージを、肌に溜め込んでしまっているのです。

わずかな外出でも紫外線対策をすることが大事ですね。

活性酸素が老化の原因になる

活性酸素を多く発生させると、体の細胞や遺伝子を傷つけ強力にサビつかせます。

活性酸素は、普通の酸素に比べて著しく化学反応を起こしやすいのです。

活性酸素はシミやシワなどの肌老化だけでなく他には、がん細胞の発生にもなることが分かっているので怖いですよ。

活性酸素を多量に発生させてしまう原因には次のようなことがあります。

・激しすぎる運動
・紫外線
・過労やストレス
・喫煙
・食品添加物や大気汚染などの化学物質、酸化した油

など、なるべく避けて身体がサビないよう抗酸化力の高い食品や高める努力も必要になってきます。

他に血糖値が常に高い人は、体内に活性酸素を生み出して発ガン促進されることも分かってるので甘いものの食べ過ぎには気をつけたいものです。

生まれた瞬間から肌老化は始まっていますから、人が生きて呼吸をする限り老化は避けては通れないものですが、できれば活性酸素を大量に発生させない生活を意識することが大事になってきますね。

間違ったスキンケアが肌を痛め老化促進する

自分の肌に合わない化粧品を使い続けてたり、間違ったフェイスマッサージをして肌に炎症をもたらし、シミやシワを増やしてしまうこともあります。
慢性的な炎症が肌を痛め老化を促進してしまうのです。

強すぎるマッサージで、肌をこすったり叩いたりするのは、間違ったお手入れなので見直すことをおすすめします。

血行不良が肌を衰えさせ老化の原因になる

加齢で血管が老化することによって血行不良になり肌の衰えが促進されます。
血行が悪くなると、皮膚に酸素や栄養が届きにくくなり老廃物が溜まってしまいます。
その結果、肌のくすみや乾燥が肌老化の原因になります。

血行不良になる原因として加齢のほかにも

・運動不足
・喫煙
・体の冷え(冷え性)
・不規則な生活

など、血行不良にならないように気を付けて、血行を維持する事が体と肌に大切な事なのです。

美容と健康はつながっていて、健康あっての「」なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする