顎関節症は老け顔のもと!老け顔になる原因や症状、自力で治す方法

女性に多い顎関節症は老け顔の元!さまざまな悪影響をもたらすので注意が必要です。

なぜ、女性に顎関節症が多いのでしょうか?

顎関節症の症状や老け顔になる原因、なった時に診てもらう病院、また、自力で治す方法があるのか?調べてみました。

参考になればと思います。

顎関節症の症状

顎関節症になったら次のような症状があらわれます。

・咀嚼する時、顎がカクカク・カチカチ音が鳴る
・顎の痛み
・口が少ししか開けない
・口が急に開かなくなった

また、

・頭痛
・首や肩こりがひどくなる
・不眠症になる
・食事のとき顎が痛くて疲れる
・めまいや目の疲れ
・顔のたるみやシワ

など、さまざまな症状がアゴ以外にもでてしまい健康状態も悪くなります。

女性が顎関節症になりやすい原因とは?

生活習慣からくる姿勢の悪さ

猫背や姿勢が悪いと、身体がゆがんでしまい、顎の位置がズレていきます。

姿勢が悪い状態が日常なら、顎が開かなくなってしまうこともあります。

顎に悪い癖が原因

かみ合わせが悪い場合や、普段から片方の顎ばかりで食べ物を噛んでいる場合、片方の顎にだけ負担がかかってしまいます。

負担がかかった方の顎がゆがんでいくので、顎がズレて顎関節症になります。

精神的なストレス・外傷

女性は男性よりストレスに敏感で無意識に歯を食いしばっている人が多く、また、男性より顎が小さいので筋肉量も少なく、顎関節症の症状が2~3倍多くみられるようです。

歯ぎしりや、歯を食いしばるのは精神的ストレスを受けている時、無意識に脳がストレスを発散していることになります。

顎関節症になりやすい人は、自律神経の乱れ、情緒不安定、また、性格的に神経質な人や几帳面な人、完全主義なひとが多いようです。

顎関節症になると老け顔になるのはなぜ?

顎関節症を放置してしまうと、顔がゆがんでしまい老け顔になってしまいます。
また、ホルモンバランスが崩れて老化が早まります。

顎関節症は顔の歪みに影響する?

顎関節症は、姿勢の悪さが原因でなる場合に身体の歪みによって顔もゆがんでいきます。

顎の歪みに沿って顔の筋肉が引っ張られるので、皮膚が垂れ下がってしまってシワも目立ちます。

顎関節症になるとエラが張るって本当?

顎関節の周りの筋肉の緊張が原因で、顎関節症になった場合に、下顎の筋肉が変形してしまい「エラが張った」状態になります。

なので、顔が大きくなったように感じます。

顎関節症になったら、どの病院で診てもらう?

顎関節症になってしまったら一瞬、どこの病院んで診てもらえばいいの?って、悩んでしまう人も多いようです。

専門家に診てもらう場合は、

・口腔外科
・鍼灸院
・整体・カイロプラクティック

などで診てもらうことができます。

口腔外科での顎関節症の治し方は、最も一般的な治療法としては、マウスピースを使ったスプリング治療です。

しかし、スプリング治療を長く続けても顎関節症が治らないという人も多いのが現実です。

鍼灸やカイロプラクティック、マッサージなど、定期的に顔の筋肉や骨格にアプローチすることで顎関節症の予防効果になります。

すぐに改善されることでもないので、通ってる途中でやめてしまう人も多いです。

顎関節症を自力で治す方法は?

顎関節症はさまざまな原因でなり、専門家で診てもらうのが安心ですが、病院に行くほどでもない?また、なかなか改善されない‥って人は、自力で治すことができるのも顎関節症の特徴です。

自力で顎関節症を治す方法としては、

・顎ストレッチをする
・顎関節に効くツボ押し
・顎関節症をヨガや自力整体で治す

などがあります。

顎関節症エラ張りに効果が期待できる、顔ツボ押し棒小顔ティックpico」が今、話題になっています。即効性があるのでおすすめです。

ボトックス注射は顎関節症の治療に効果ある?

顎関節症やエラ張り改善に、美容外科でボトックス注射を受けて治すこともできます。

この場合、ボトックス注射治療にどのような効果があるのでしょうか?

顎関節症に効果のあるのは「エラボトックス注射」で、咬筋とと呼ばれる筋肉を委縮させて小顔効果になれるというものです。

この、「エラボトックス注射」が顎関節症にも効果があり「歯ぎしり」も改善できます。

ボトックス注射を施すことによって、こわばった咬筋が和らぎ症状が改善され、エラ張りも目立たなくさせて小顔になれる効果が期待できます。

まとめ

顎関節症は顔がゆがんで、ほうれい線やたるみの原因にもなり、老け顔になってしまうことが分かりましたね。

姿勢を良くすることを、日常で意識して生活するようにしることが大事ですね。

顎関節症は、自力で治すことができますが、ひどい場合は専門家で診てもらうようにしましょう。

いかがでしたか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする