目の下のクマを消したい!くま取り方法や正しい知識

スッピンになると特によく分かる目の下のクマ。
顔色も悪く、どんよりした疲れ顔になって老けて見えますよね。

疲れていないのに「どうしたの?疲れてるみたいだね~」って、言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。

目の下のクマがあると老けても見られますし、何より第一印象も悪くみられてしまうので、特に接客業の人などは悪影響を及ぼしますよね(^^;

目の下のくまケア方法はいくつかありますが、実はクマには3種類あって種類によってケア方法が違います。

あなたがどの種類、タイプの「くま」なのかを知り、自分に合った正しい目の下のくま取り対策ケアをすることをおすすめします。

目の下のクマ3つの種類とは?

目の下のクマの種類は大まかにいうと、「青ぐま」「黒ぐま」「茶ぐま」の3種類がありす。

種類によってケア方法が違うので正しいケアを知り、クマ取り対策をすれば予防することができます。

目の下のクマができる原因と特徴

「青ぐま」は、冷えや寝不足などで血流が悪くなり、下まぶたの静脈が青黒く透けて見えるのが原因です。

指で下まぶたの皮膚を引っ張ると薄くはなりますが、メイクで隠すことはできても完全に消えることはありません。

「黒ぐま」は、老化による皮膚のたるみが原因で、下まぶたの皮膚がたるみ影ができるので黒く見えてしまいます。

影ができて黒く見えてるので、目の下の皮膚を指で引っ張ったり、上を向いたりするとクマは薄くなりますが完全には消えません。

また、メイクでも隠すことはできないですね。

「茶ぐま」は色素沈着が原因で、目をこすったり刺激を与えてでき、角質肥厚を起こして茶色っぽく見えています。

色素沈着でできたクマなので、指で目の下の皮膚を引っ張っても薄くなりませんが、メイクでクマを隠すことはできます。

目の下のクマは遺伝するの?

「青ぐま」「黒ぐま」はある程度は遺伝もあると考えられています。

青ぐまに関しては、原因が血行不良によるものなので、冷え性体質の方は遺伝する事もあり、血流が滞り気味で「おけつ体質」といってクマができやすいです。

黒ぐまタイプの人は、老化や皮膚のたるみが原因の影なので、顔の彫りが深い人ほど目元に影ができてしまいます。

なので、遺伝によって顔立ちが似ているなら同じように黒ぐまができてしまうという事ですね。

種類別、目の下のクマ取り方法・ケア方法

「青ぐま」ができる人は、血行不良なので、冷え性の人が多いことが分かっていますね。

そこで、クマ取り対策として血行促進することが必要なので、適度な運動で効果的に血行を改善しましょう。

無理なく簡単にできるのはウォーキングです。適度な運動を習慣にして全身の血行を良くする
ようにして下さいね。一日30分くらい歩けば十分だと思います。

また、デスクワークの人でパソコンに向かう時間が長い人は、首凝り・肩こりの人も多く、血行不良の原因になっているので休憩時間などに軽くストレッチをすることをおすすめします。

首や肩をほぐすだけでも血流がよくなります。

「黒ぐま」ができてる人は、下まぶたのタルミを解消するケアをするといいです。

黒ぐまの原因は、加齢による下まぶたの皮膚のコラーゲンが減って薄くなってるので、コラーゲンを増やす美容液やクリームを日々のお手入れにプラスしてみて下さい。

「茶ぐま」ができる人は、色素沈着が原因なので、シミやくすみなどが目の下にでき、クマのように見えています。

なので、メラニンの排泄を促すピーリングケアや美白成分配合の化粧品を使ったケアをしましょう。

また、目をこする癖がある人は、目をこすることによって皮膚を刺激し目元がくすんでしまうので注意して下さいね。

目の下のクマを取るツボ押し方法

黒クマ対策として血行不良を改善することが必要ですが、運動の他にクマを取るマッサージやツボ押しもおすすめです。

マッサージやツボ押しで目元の血液の流れをスムーズにする方法です。

ただ、マッサージは自己流ですると間違っていたり、強すぎる刺激が肌に良くないので自宅でケアする場合はツボ押しをおすすめします。

ツボ押しをするときは、洗顔後、化粧水や美容液を付けた後に強すぎず、気持ちいい強さで行います。

ツボ押しは、3秒押してパッと離して1セットで、3~5セットを繰り返してします。

【ツボ】
〇晴明(せいめい)→左右の眼がしらの少し鼻よりにあるくぼみ
〇球後(きゅうご)→左右の目尻から4分の一ほど目頭側に張ったとこの骨のふち
〇四白(しはく)→瞳の真下の骨のふちから1~1.5本分ほど下にあるくぼみ

目の下のクマに化粧品選びは何がいい?

「黒ぐま」がクマの種類のタイプの人は、老化によってできるタルミが陰をつくってできるクマなので、このタイプの人のくま取り化粧品には、皮膚のコラーゲンを増やす「レチノール配合化粧品」の美容液やクリームを日々のケアにプラスして下さい。

レチノールはビタミンAの一種で、繊維芽細胞を活性化しコラーゲンを増やす作用があります。

さらに、週1~2回のピーリングケアで古い角質を取り除き、コラーゲンの生産機能アップとレチノール効果を高めることが期待できます。

「茶ぐま」がクマのタイプの種類の人は、シミやくすみが目の下にできてクマになっているので美白成分配合の化粧品やピーリングでケアが必要です。

ビタミンC誘導体やカモミラET、油溶性甘草エキス(グラブリジン)などの美白配合化粧品を使用しましょう。

ビタミンCイオン導入を組み合わせるとより効果が期待できますね。

また、メラニンの排泄を促すピーリング効果で、余分な角質を取って肌を柔らかくし目元のくすみをケアして下さい。

超本気で目の下のクマを改善したい人におすすめの専用クリームがあります。

今、通販人気で売れている商品なので参考にしてみて下さいね。

【モニターの80%がその効果を実感!】クマを本気で改善『アイキララ』

まとめ

目の下のクマには3種類があり、それぞれ種類によって対処法やケアが違います。

自分のクマの種類とタイプを知り、正しい知識であなたに合ったクマ取り対策をして下さいね。

化粧で隠せないクマのタイプもありますが、日々のスキンケアのお手入れに目の下クマに効果のある化粧品をプラスして下さい。

目の下のクマが消えて目元が明るくなるだけでも、顔色も良くなりイキイキとした若々しい表情になります。

疲れたような老け顔が、明るい元気な若々しい顔になって見た目も若返りますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする