目の下のくまを取る対策ケア方法&目の下のクマの種類

目の下のくまが目立って悩んでいませんか?

寝不足だったり、疲れた時に目の下にクマができてしまった・・・って、経験は誰でもありますよね。

一時的なものだと、十分な睡眠や休息をとることで元に戻ることもあったと思います。

しかし、常に目の下にくまがあって目立っている人は、いつも「疲れてるの?」って聞かれたり、実年齢より老けて見られるようです。

心当たりのあるあなた、一度、真剣に「目の下のくまを取の方法」や対策を考えてみませんか?

実は、目の下のくまの種類原因によって3つに分けられています。

・青くま
・黒ぐま
・茶ぐま

この3タイプになります。

目の下のクマの見分け方は?

目の下のクマの見分け方と特徴を説明しますね。

「青ぐま」タイプは、目の下の皮膚を指で下に引っ張ってみると薄くなるけれど完全には消えない。

〇メイクをすると隠すことができます。

「黒ぐま」タプイは、上を向いたり指で皮膚を引っ張ってみると影なので薄くなります。

●メイクで隠すことはできません。

「茶ぐま」タイプは、指で皮膚を引っ張っても色素沈着なので薄くならなりません。

〇メイクで隠すことができます。

あなたの目の下のくまはどのタイプでしょうか?

あなたのクマのタイプを知り、正しいエイジングケアを意識して、目の下のくまを取るケアをすることをおすすめします。

3種類のタイプ別、目の下のクマを取る方法は?

自分のクマのタイプを知れば、後はくま取りケアを実践するだけです。

「青ぐまケア方法」

青ぐまタイプの人は冷え性の人が多く、血行不良が原因の場合は多いので適度な運動や顔ツボ押し、マッサージをおすすめします。

顔ツボ押しにおすすめ美顔器はこちら→PICO

簡単にできるウォーキングで全身の血行を良くしたり、首や肩をほぐすストレッチなどもおすすめですよ。

一時的な対処法では、ホットタオルを目に当てるだけでも効果はあります。

「黒ぐまケア方法」

黒ぐまタイプの人は、原因が加齢によるものが多く、肌のたるみを防ぐケア肌のコラーゲンを増やすケアが必要です。

黒ぐま対策には、レチノール配合の美容液目の下専用クリームなどのケアをおすすめします。

目の下のクマ専用クリームはアイキララ が人気でおすすめですね。

また、週に1~2回、古い角質を除去するピーリングケアもプラスすれば、コラーゲンの生産機能がアップするので効果的ですね。

「茶ぐまケア方法」

茶ぐまタイプの人は、目をこすったり刺激が原因で目元がくすんでいる場合や、シミなどが原因で黒ずんで見えるので美白ケアが必要です。

花粉症や、アレルギー症結膜炎などによって目がかゆくて頻繁にこする人は要注意が必要です。

こすり過ぎると皮膚が硬くなり、黒ずんでしまいます。

目元のくすみを改善するケア方法として、美白やピーリングでメラニンの排泄を促すことが効果的です。

クレンジング洗顔やマッサージなど、目の周りに触れる時はこすっていないか注意が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする